最近気になる言葉

最近気になる言葉

2017年

カルチャー・グルメ 2017/06/09
カール【読み方:かーる】
株式会社 明治より、1968年から長年にわたって人々に愛され続けていたスナック菓子、カールが、競争激化による販売低迷などを理由に中部以東での販売を8月で終了し、近畿以西のみ販売されることが発表されました。販売を続ける中でも、味のラインナップは「カールチーズあじ」「カールうすあじ」の2種類のみ販売。定番のお菓子の販売中止に発表に、全国各地でカールの品薄状態が続いています。
カルチャー・グルメ 2017/06/09
自分爆発レディ【読み方:じぶんばくはつれでぃ】
インパクトのある言葉が耳に残る「自分爆発レディ」。これは、博報堂の新しい大人文化研究所が命名した、子育て終了後に「自分の時間を楽しみたい」40~60代女性たちのことを示すそうです。ただ、このネーミングについて、SNSでは物議を醸し出している。一瞬見ただけで、自虐ネタ?と思ってしまう名前ですが、これに対して同研究所の担当者は、「「爆発」という言葉は「自分勝手、好き勝手に行動している」という意味ではなく、「負担からの解放感」」だと話しています。
自分の時間を楽しむことで、今までの負担を爆発させ、気持ちがすっきりさせることができるなら、このネーミングもアリなのでないか、とわたしは思います。
社会(国内・海外) 2017/05/26
北朝鮮ミサイル【読み方:きたちょうせんみさいる】
5月21日、北朝鮮が弾道ミサイル1発を発射。日本海に落下しました。
朝日新聞によりますと、菅氏は「航空機や船舶の安全確保の観点から極めて問題のある行為であるとともに、安保理決議等への明白な違反だ。我が国としては、このような北朝鮮による度重なる挑発行為を断じて容認できず、北朝鮮に対し、厳重に抗議を行い、強く非難した」と述べました。安倍晋三首相からは、①情報収集・分析に全力を挙げ、国民に対して迅速・的確な情報提供を行うこと②航空機、船舶等の安全確認を徹底すること③不測の事態に備え、万全の態勢をとること――の3点について指示があったといいます。(朝日新聞より抜粋)
北朝鮮のこれからの動きき注目が集まります
エンタメ・スポーツ 2017/05/26
バーチャルリアリティ【読み方:ばーちゃるりありてぃ】
近年話題となっているバーチャルリアリティ(VR)。仮想の世界をあたかも現実の世界にいるかのような感覚でゲームや映像を楽しみます。
しかし、VRの映像によって酔いや頭痛、めまい等、健康面におけるリスクもあるので、適度な時間で利用した方がよさそうです。
カルチャー・グルメ 2017/05/26
メルカリ【読み方:めるかり】
誰でも気軽に利用ができるフリマアプリ。不要となった衣類や雑貨、ハンドメイドのアクセサリー等を出品したり、市場には出回っていない物を見つけて購入したり。品物が届いてから入金する独自システムなため、入金しても商品が送られてこないといったトラブルも回避できます。しかし、現金が出品されたり、既に金額がチャージされたICカードが出品されたりと、メルカリ側は削除の対応に追われています。